栃木でおすすめの注文住宅・工務店を紹介中!

栃木で評判の工務店ランキング口コミで選ぶ栃木の注文住宅ランキング

初心者向け|栃木で注文住宅を建てるなら坪単価の相場はどれくらい?

初心者向け|栃木で注文住宅を建てるなら坪単価の相場はどれくらい?

坪単価はその住宅の本体価格をその建物の総床面積で割った数字です。坪単価は注文住宅を建てる際の費用総額を算出する目安となります。
土地の値段はその地価によって変動しますが、建物の坪単価は主にその建物のグレードによって変動します。
現在、栃木県の地域で注文住宅を建てる際、住宅の坪単価は平均でどのくらいなのかをまとめました。

初心者向け|栃木で注文住宅を建てるなら坪単価の相場はどれくらい?

坪単価を見るときに覚えておきたい【延床面積】と【施工床面積】の違い

注文住宅で家を建てる時はまず坪単価を算出し、建築費用の大凡が見えてきます。
坪単価は建築費用をその建物に一坪分の広さで割った額です。
例えば注文住宅の延べ床面積が30坪で、住宅の本体価格が1,500万円だった場合は1,500万÷30坪で50万円となります。

坪単価を算出する際の床面積には【延床面積】と【施工床面積】の2種類があります。延床面積とは建物の【床】の総面積です。このため玄関やベランダは含まれません。床は1階の床と2階の床の総数です。そのため2階部分の一部が吹き抜けの場合、その部分はカウントされません。階段も床としてカウントされます。

施工床面積とはベランダや玄関、2階の吹き抜け部分も全て含めた面積のことです。同じ住宅でも延床面積と施工床面積では当然、施工床面積の方が広い面積として算出されるため、住宅の本体価格で割って算出される坪単価は安くなります。

上記で挙げた1,500万円の住宅が30坪で、坪単価500,000円の例ですが、この30坪が延床面積であった場合、施工床面積は32坪程度になると予想されます。
このため施工床面積で坪単価を算出すると1500÷32で47,875円です。
坪単価の算出に延床面積を採用するか施工床面積を採用するかは住宅メーカーや工務店によって変わります。
注文住宅を依頼する工務店に坪単価を算出してもらう時はどちらで算出しているかにも注目してみましょう。

初心者向け|栃木で注文住宅を建てるなら坪単価の相場はどれくらい?

栃木県で注文住宅を建てる時の坪単価平均

宇都宮市の土地の値段、すなわち地価の平均は2016年の調べで坪単価が246,705円です。続いて2位は【下野市】で坪単価は142,715円、3位の【小山市】は141,157円です。ちなみに一坪とは3.30579㎡です。
ベスト3を見ると栃木県は宇都宮市がダントツで土地が高いのがわかります。一口に栃木県に家を建てる場合でも、まずどの地域の土地を確保するかで費用が大きく変わってきそうです。

土地の坪単価は当然、地価に直結します。そして建物の坪単価は建物の本体価格で決まるため、その建物にグレードによって大きく変わります。
建物のグレードを簡単に分別すると、【木造】、【鉄骨造】、【RC造(鉄筋コンクリート)】があり、木造が一番ローコストで、RC造が最も値段が高くつきます。RC造は価格が高いぶん耐震性や機密性に優れます。
RC造の建物の方があらゆる面において快適といえますが、昨今では情緒や温かみのある木造の住宅を好む人も増えているようです。

では倍の60坪ではどうでしょうか?
栃木県で延床面積60坪の住宅の本体価格平均は木造で3,444万円、鉄骨で4,536万円、RC造で5,088万円です。
60坪の坪単価は、木造が57,400円、鉄骨が756,000円、RC造が848,000円です。
坪単価は本体価格を床面積で割った数字のため、一坪あたりの単価は60坪も30坪のほぼ同じという結果が出ています。
つまり建てる建物が大きくなるほど、坪単価が上がる、ということはないことが数値に表れています。
これはバナナを5本買うのも10本買うのも、1本あたりの値段はほとんど変わらないという理屈と同じであり、注文住宅もその理屈に当てはまるということです。

ちなみに坪単価とは住宅の【本体価格】を床面積で割った数字です。実際に注文住宅を建てる時は本体価格以外に、工事費や諸費用もかかるため、費用総額はもっと高くなります。
例えば栃木県で30坪1,700万円くらいの木造住宅を建てる場合は坪単価が58万円程度となりますが、費用総額はおよそ2,500万円になると予想されます。
坪単価はあくまで注文住宅の【本体価格】の目安であるということはよく留意するべきです。