栃木でおすすめの注文住宅・工務店を紹介中!

栃木で評判の工務店ランキング口コミで選ぶ栃木の注文住宅ランキング

大手ハウスメーカーVS中小工務店栃木ならどちらに依頼するべきか

注文住宅の依頼を請け負う建築会社を大きく分けると、大手ハウスメーカーと中小規模の工務店に分類されます。大手ハウスメーカーはテレビやラジオなどでのCMを流し広告展開を積極的に行うため、総じて高い知名度があります。逆に中小の工務店は公共電波で広告展開できるほどの資本力はなく、営業拠点の周囲で地道に活動しています。

日本は建築法が厳しく制定されているため、建物産業はきちんとした資格を保有していないと営業できません。規模の小さな工務店でも正当な建築資格を保有しており、大手ハウスメーカーと比べて技術力が劣ることはありません。では栃木県内で注文住宅を依頼する際、大手ハウスメーカーと中小の工務店ではそれぞれにどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

大手ハウスメーカーと工務店の違い

注文住宅を依頼するのはハウスメーカーか工務店か?これはマイホーム購入を検討する人にとって避けて通れない重要な選択です。ハウスメーカーとはいわゆる大手の住宅専門の建築会社のことで、全国にフランチャイズ加盟店が無数に存在します。逆に工務店はフランチャイズ展開をせず、地元でのみ営業活動をしている建築会社です。事業拡大で店舗を増やすとしてもフランチャイズではなく直営での支店経営となります。つまり両者の違いは事業展開規模の違いと考えることができます。

ハウスメーカーは全国規模で展開しており、住宅設計も規格統一されています。ハウスメーカーは資材を自社工場で大量に発注して、プラモデルのような感覚で家づくりをします。もちろん規格統一されたとしても種類は一種類ではなく、さらに同じ規格でも多少の選択肢があり、顧客はその選択肢から選んで注文設計します。以上のようにハウスメーカーは資材を規格統一することでコスト削減を可能にしています。

工務店はハウスメーカーのような規格統一はせず、基本的に顧客の注文設計に合わせてゼロからの家づくりを請け負います。極端な話、世界に一つしかない個性的な家を建てることも可能です。当然、注文を受けてから資材を作るため、建築コストはハウスメーカーよりも高くなります。このため同程度の規模と設備の家を建てるとハウスメーカーのほうが安く上がります。

ハウスメーカーは規格統一した家を作るというだけで、その家がグレードとして劣るということはありません。大手ハウスメーカーは潤沢な資本力で開発研究にも積極的なため、最先端の技術を用いた快適な家作りを実現しています。つまり大手ハウスメーカーと、真っ当な工務店ならば技術力の差はないと考えて良いでしょう。

 

栃木県の土地柄を考えると?

栃木県は北部が山間部のため冬は降雪量が多く、逆に南部は平野部のため降雪は比較的少ないです。栃木県の南部に宇都宮市や栃木市があり、平野部に人口が集中しています。平野部は雪が少ないのですが風が強く、冬は厳しい寒さになります。栃木県に家を建てる場合は北部なら特に、雪対策が必要になります。栃木県は冬に厳しい寒さとなるため、冬でも暖かく過ごせる高気密住宅がおすすめです。断熱効果のある壁材で作る高気密住宅ならば空調のみで冬でも室内を快適な温度にできるため、栃木県でもオール電化の家は十分可能です。

大手ハウスメーカーも工務店も高気密住宅を作る技術力は十分あるため、どちらを選択しても問題ありません。しかしハウスメーカーのほうが上記で開設したように資材の規格統一ができているため、コストは安く済みます。

逆に工務店ならば顧客の注文通りに家づくりをしてくれるため、暖炉のあるリビングや、大きなオーブンがあるキッチンなど、顧客の求めるこだわりのある家づくりが実現できます。外観のデザインに凝りたい場合も工務店のほうが適しています。洗練されたデザイン力を持ち合わせ、こだわりを持って家作りをしてくれる建築家が多いのも工務店の特徴です。

以上のことから栃木県は冬がとても厳しい寒さとなる気候条件ですが、ハウスメーカーでも工務店でも寒さ対策の技術力は遜色がありません。低コストでの家作りが得意なハウスメーカーか、こだわりの家づくりができる工務店か、自分が求める家づくりはどちらが適切か考えて選択するのがポイントです。

 

ハウスメーカーや工務店をどのように選ぶかをシーン別に考えてみました。

栃木で平屋が得意な工務店・ハウスメーカーを調べてみた

アフターサービスで選ぶ栃木の工務店/ハウスメーカーまとめ

20代なら一度は検討しておきたい栃木のハウスメーカー/工務店